Story

オーストラリアの小さなまち、バイロンベイで生活しているときに出会った

プラスチックフリーなライフスタイルを送る家族。

 

彼らは私に教えてくれました。

 

「街で出たプラスチックごみが、最終的にたどり着くのは海。

分解されず、自然に還ることのないプラスチックは、半永久的に海を汚染する。

多くの魚や鳥がエサと間違えて食べてしまうことにもなるんだよ」と。

 

彼らの暮らしには使い捨てるプラスチック製品やプラスチックごみがありません。

 

そこにあるのは、必要最低限のものでつくる丁寧な暮らしです。

 

自分の生活に目をやれば、溢れる使い捨てのプラスチック。

 

どうしたらもっとごみを減らしていけるだろう。

 

そんな時に出会ったのが、一枚のみつろうラップでした。

 

1回の使用でごみになるプラスチック製のラップではなく、繰り返し洗って使えるフードラップ。

 

このみつろうラップを使っていくうちに感じた一つのものを丁寧に使う心地よさ。

 

次第に、どのようにしたらプラスチックごみを減らせるか、意識しながら生活するようになりました。

 

一度に全てを変えることは難しいけれど、出来ることから少しずつ。

 

そのキッカケを私にくれたみつろうラップを、今度は多くの人に知ってもらえればと

「Bee simple みつろうラップ」は生まれました。

 

シンプルな暮らしと美しい未来をイメージしながら

一枚一枚、丁寧に手作りしています。

Story

オーストラリアの小さなまち

バイロンベイで生活しているときに出会った

プラスチックフリーな

ライフスタイルを送る家族。

 

彼らは私に教えてくれました。

 

 

「街で出たプラスチックごみが、最終的にたどり着くのは海。

分解されず、自然に還ることのないプラスチックは、半永久的に海を汚染する。

多くの魚や鳥がエサと間違えて食べてしまうことにもなるんだよ」と。

 

 

彼らの暮らしには使い捨てるプラスチック製品やプラスチックごみがありません。

 

そこにあるのは

必要最低限のものでつくる丁寧な暮らしです。

 

 

自分の生活に目をやれば

溢れる使い捨てのプラスチック。

 

どうしたらもっとごみを減らしていけるだろう。

 

 

そんな時に出会ったのが

一枚のみつろうラップでした。

 

 

1回の使用でごみになるプラスチック製のラップではなく、繰り返し洗って使えるフードラップ。

 

このみつろうラップを使っていくうちに感じた一つのものを丁寧に使う心地よさ。

 

次第に、どのようにしたらプラスチックごみを減らせるか、意識しながら生活するようになりました。

 

 

一度に全てを変えることは難しいけれど

出来ることから少しずつ。

 

 

そのキッカケを私にくれたみつろうラップを、今度は多くの人に知ってもらえればと

「Bee simple みつろうラップ」は生まれました。

 

 

シンプルな暮らしと

美しい未来をイメージしながら

一枚一枚、丁寧に手作りしています。